自由に使える賃貸

賃貸の原状回復義務とは

トップ / 賃貸の原状回復義務とは

賃貸の設備に関する情報

賃貸物件の壁や棚について考える

賃貸物件の場合には、転居する場合にはクリーニングなどの費用を負担することになります。壁に穴が空いている場合には、クリーニングの費用が多く必要になってしまうということなのです。また物件の棚などの傷も、クリーニングの際に必要となる費用となります。このような物件で暮らす場合には、最終的に転居する際のことまで考えて生活するということが後の費用を節約するということにもつながります。今の生活だけではなく、その先のことまで考えて生活を行っていくということが大切なことになるのです。賃貸の床などは敷物を敷いて、傷を防ぐということも選択肢の一つです。

バケツと花

賃貸でも壁に棚をつける方法

賃貸住宅で壁に棚をつけたいときは、オーナーに具体的な内容を伝えて許可をもらい、文書を交わしておきましょう。借主には退室時に部屋の原状回復の義務があります。釘穴やネジ穴で壁の下地ボードの張替えが必要な場合は、返還される敷金から費用を差し引かれることになります。それを防ぐために、あらかじめ原状回復を免除してもらうわけです。また、賃貸で許可もないから何もできないかというと、そうでもありません。ピンやホッチキスの針を使って取り付ける棚もありますし、粘着フックなど利用してもよいでしょう。工夫次第で部屋を傷つけずアレンジすることが可能です。