賃貸の共益費とは

共益費込みの賃貸とは

トップ / 共益費込みの賃貸とは

賃貸の設備に関する情報

賃貸契約、管理費込みって有利?

住居やオフィス、賃貸契約をするときには、初期費用(=イニシャルコスト)とランニングコストがかかります。ランニングコストは賃料と、管理費が別途かかる場合があり、別途支払うよりは含まれていたほうがお得に感じられます。ですが、契約の際の初期費用、敷金礼金や仲介は賃料を基準に、1か月分、2か月分と決めるため、毎月のランニングコストが同じ10万円だとしても、賃料が10万円なら、初期費用も10万円を基準にしますが、賃料9万円、管理費が1万円なら初期費用の基準は9万円になります。そのため、わかれていたほうが、賃貸初期費用は安くなるので覚えておきましょう。

バケツと花

管理費(共益費)とは?

賃貸マンションやアパートを借りる際に、家賃の次に注目すべき『管理費(共益費)』、その物件によって1000円~数万円など金額は様々です。物件によっては無料なんてこともあります。では何故、このようなものがあるのでしょうか。例えば、マンションなどに設備されているエレベーターは、点検費などがあります。それを年間で割った数字を住居者に管理費として負担してもらっているのです。他にも共用部分の清掃費などもまかなっていますので、その物件の共用部分がハイグレードな程、費用が高くなります。共益費無料の賃貸は、実は家賃に含まれています。大家さんが、毎月どのくらいの費用が発生するのか把握してる時や、最近だと管理会社に任せているケースも多く、この場合は共益費は別にせず、家賃に含んでしまうようです。