賃貸の築年数とは

賃貸の内覧でのポイント

トップ / 賃貸の内覧でのポイント

賃貸の設備に関する情報

賃貸物件の築年数と家賃

賃貸物件を探す時には、家賃が大きなポイントになります。立地やいろいろな条件によって家賃の相場は変わってきますが、家賃の相場の決定要因のひとつが築年数です。物件広告を見ると新築や築浅と書かれていることがありますが、新築というのはその時点でまだ建築中であったり、あるいは完成してから1年経っておらず入居者がまだいない物件を指します。また築浅というのは、建築後5年以内の賃貸物件を指します。家賃の相場が高い新築や築浅の物件に比べ、築10年以上の物件は家賃が大分安くなります。

賃貸 東京でおススメの情報が満載です。
納得のものを探せます。仲介手数料や冷気なども無料です。高齢者の方に安心の物件情報も掲載されています。

賃貸経営における中古のメリット

世界有数の長寿社会、日本では、その一方で公的年金への信頼は十分ではありません。 老後を豊かに暮らすためには、年金や貯蓄では十分とは言えません。貯蓄はあるに越したことはないですが、取り崩しながら生活するには、安心して使うことができないので、安定した収入減として賃貸経営が有効です。 賃貸経営では、収入から必要経費を引いた所得に対して税金がかかります。 中古物件は、初期投資が新築より割安なだけでなく、耐用年数が短いので節税にも有効です。

大阪市淀川区 賃貸をお探しなら、このサイトがオススメです!
通勤・通学に便利な駅チカの物件が豊富です。また、部屋の間取り図が見やすく写真も豊富です。